スタッフブログ


猫とわたし

猫とわたし

こんにちは。新人ウェブクリエイターの岡光です。
5月に入社して、あっという間に3か月が経ち、徐々に仕事や環境に慣れてきた今日この頃・・・!
初めてのブログでは自己紹介も兼ねて、私が愛してやまない存在、「猫」について語らせていただきたいと思います!

猫を好きになったきっかけ

もともと猫好きの父が子猫を拾ってきたことから、私が生まれる前から猫を飼っていました。
私が赤ちゃんの頃はベビーベッドで一緒に寝ていたようです。(今思えば危ない・・・親・・・!)
そして、高校生の時には道で弱っている子猫を保護しました。まさに浦島太郎と亀のようなシチュエーションだったことを今も覚えています。
当時、我が家には既に1匹猫がいたので、多頭飼いになることは不安もありましたが、2匹はすぐに家族のように仲良くなっていきました。
あれから15年・・・先輩猫はおじいちゃんに、拾った子猫はおばあちゃんになりましたが、今でも元気に生きています!!!

猫がいる暮らし

猫を飼ったことがない方でも、家に猫がいる暮らしをイメージできるよう、いくつか私の経験談を紹介します。

同じ布団で寝る

私が飼っていた猫は、外には出さない完全な「家猫」だったので、外からの病気や細菌を持ち帰ることがなく、わりと清潔でした。
(ちなみに猫は水を嫌うので、お風呂には入らず、自分の舌で一生懸命ぺろぺろと体を舐めて掃除します。)
なので臭いなどなく、安心して同じ布団で寝られます。毛が柔らかくふわふわで気持ちよくて、夏は暑苦しいですが、冬はゆたんぽのように暖かくて最高なのです!!!

野生が垣間見れる

ぬくぬくの温室育ちである家猫でも、野生の本能をもっているなので、動く生き物と遭遇したら家の中でも狩猟本能みたいなものを見ることができます。
私が見たことあるバトルは・・・
vsセミ、ハエ、カラス、近所から侵入してきたフェレット・・・
そしてたまに誰もいない方向に向かって、聞き耳を立てたり、警戒をしたり・・・こわい。

あと、2匹飼っていると猫同士の喧嘩もあります!見ている限り、怪我を負うほどの本気の喧嘩ではなく、運動不足解消するかーくらいのプロレスに見えます。

ツンデレの態度が愛おしい

私が旅行などで家を長期で不在にすると「きっと今頃、寂しがってるだろうなー」と心配してみたりしますが、帰ってみると全然出迎えもなかったりします。
猫は「人間に懐かず、家に懐く」とも言われていて、猫にとって雨風をしのげる家があり、水と餌があればそこで安心して生活するので、飼い主である私に大したリスペクトもなく、なんならちょっと下に見られてたりします。

だけど、ふとした時にそっと隣にいてくれたり、寝転んでいたら背中に乗ってきたり、布団に無理矢理入ろうとしてきたり、寝て起きたら自分の枕が猫に占領されていたり、隣の家から朝食であろう焼鮭を盗んできたり・・・

自由気ままな性格が、ツンデレで可愛くて、元気をもらえます・・・!

これからの猫ライフ

さて、こんな猫愛を抱いている私ですが、実家を出てからはや3年・・・
現在の家はペットNGの賃貸のため猫ちゃんを飼えていません・・・猫OKの賃貸ってなかなか無いですね・・・
猫に触りたい欲が高まると実家に帰ったりしていましたが、仕事をしているとなかなか頻繁に実家の猫にも会えなくなってきました。
毎分毎秒、天井を見つめながら「猫飼いたい・・・」とつぶやいてしまう、あぶない精神状態です。
なので、将来は猫が飼える(それなりに綺麗な家!)に引っ越すことをモチベーションにして、日々頑張っております。
できれば、子猫から・・・できれば、困っている野良猫や保護された猫をまた引き取りたいなぁと思います。
最後に・・・ペットを飼おうか考えてている皆様!犬も可愛いですが、猫の選択もありありのありですよ!

猫の形の雲

/ レッツ猫ライフ! \

この記事を書いたのは…

 
Webクリエイター 岡光 美知子

Webクリエイター

岡光 美知子

Michiko Okamitsu

詳しく知りたい!