スタッフブログ


カフェインとの付き合い方

カフェインとの付き合い方

僕の体は、カフェインに敏感に反応するようにできています。
寝不足で頭がボーっとするときや集中したいときにカフェインを摂取すると、ぐんぐん頭が冴えてきます。
いい面もあるのですが、悪い面もあります。
午後にコーヒーを1杯飲むだけで、その日の夜は寝つきが悪くなります。
コーヒーに限らず、緑茶、ウーロン茶、コーラなど、いろんな所にカフェインは潜んでいるので注意が必要です。

カフェインレスの生活

寝つきが悪くなると次の日がしんどいので、意識してカフェインから遠ざかるカフェインレスの生活をしてみました。
そこで、どんな効果があったかご紹介します。

・寝つきが良くなる

一番効果を感じたのはやっぱり寝つきです。夜になると眠たくなるのは、生活リズムを整えるためにも大切ですね。
1日活動的に過ごしたのに夜に眠たくならない人は、カフェインが眠気を邪魔をしているかもしれません。

・集中力のムラがなくなる

カフェインを摂取していたころは、集中力にムラがありました。
寝起きや食後などは頭がボーっとしていて、コーヒーを飲むと頭が冴えてくるというリズムでした。
しかし、カフェインレスの生活を始めてからは、安定した集中力をキープできるようになりました。

・たまにカフェインを摂取すると効果が絶大

カフェインレスの生活をしていると、どんどんカフェインに敏感になっていきます。
たまにコーヒーを飲むと、以前に増して頭が冴えるようになります。

まとめ

普段からコーヒーなどをよく飲んでいる人は、少し摂取を控えると思わぬ変化があって面白いかもしれません。
カフェインに敏感に反応する体は便利だったり不便だったりするので、うまく付き合っていきたいですね。

この記事を書いたのは…

 
太田 吉則

Webクリエイター

太田 吉則

Yoshinori Ohta

詳しく知りたい!
 
チーム・サークル等、非営利団体向けのホームページ「ち~くる」を、製作費5万円、月額0円で!
新たなスタートを切る方を支援!ホームページプラス